セルフチェックで勃起不全の程度を測ろう

世の中には、勃起不全に悩みを抱えている方というのは、大勢いますが、あまり患者数が多くないように見受けられるのは、実際に病院に受診できている患者数が、少ないためです。
病院を受診したくても躊躇してしまうのは、勃起不全という症状で行う検査内容が、不明瞭であるためです。
しかし、不安を感じるような検査や、診察は行われないので、勃起不全で悩みを抱えている場合は、気軽に病院を訪れてみましょう。
現在、勃起不全を改善させるための治療方法として、最も一般的なのが、バイアグラなどの薬剤を用いて行う投薬治療です。
勃起不全が生じても、気軽に病院にお世話になることができない理由の一つとして、受診する科が不明であるという点があります。
ところが、勃起不全の解消に効果のあるバイアグラは、どのような科であっても処方されるので、担当医に相談してみましょう。
ただし、畑違いの科にお世話になるよりは、専門知識を有している医者が在籍している科の方が、安心できます。
勃起不全について、専門知識を有しているのは、専門クリニックや泌尿器科です。
中でも、泌尿器科は、ある程度の年齢になり、前立腺肥大症や排尿障害でお世話になる事を考えると、通いやすい環境であると言えます。
また、クリニックに足を運ぶことができない理由として、相談するのが恥ずかしいという意見も多いです。
しかし、こういった心配をする必要は、一切ありません。
その理由は、専門医であるが故に、そういった質問を受けることに対し慣れているためです。
周辺に勃起不全が治癒できる専門クリニックが存在しない場合は、ウェブサイトで簡単に探すことができます。
ウェブサイト上では、セルフチェックも行えるので、自分の症状について知ることができます。

勃起不全と国際勃起機能スコアについて

現代人は、食生活が欧米化していることにより、以前よりも肥満になりやすい傾向にあります。
肥満は、様々な病気を引き起こす温床となり、例に漏れず勃起不全も当てはまります。
勃起不全を引き起こす肥満というのは、体重が重たい状態のみを指すのではありません。
体重の増加に加えて、体脂肪が過剰に増加している状態の事も言います。
肥満により、勃起不全が引き起こされるのは、高脂血症や糖尿病、高血圧といった生活習慣病が、引き起こされやすくなるためです。
生活習慣病にかかってしまうと、動脈硬化になってしまうため、血流が悪化するのです。
勃起不全は、動脈硬化により、デリケートな部位に本来必要な血液が供給されなくなることで生じます。
デリケートな部位の動脈というのは、全身に張り巡らされている様々な動脈の中で、最も細いことから、動脈硬化による悪影響を最初に受けると言われています。
そして、メタボリックシンドロームに陥っている方も、勃起不全を引き起こしやすいと言われています。
メタボリックシンドロームとは、腹回りの内臓に過剰に脂肪が蓄積している上に、脂質異常や高血糖、高血圧を併せ持っている状態を指します。
メタボリックシンドロームと勃起不全が、深い関連性を持っているのは、内臓脂肪により生み出される活性酸素が、血管に損傷を与えるためです。
こうしたことから、勃起不全を改善させるためには、食生活を見直し、肥満や生活習慣病を引き起こさないという事が大切になります。
最も重要なことは、毎食時に食べ過ぎないという点です。
食事の際には、腹八分目を意識しましょう。
食事の際に、たんぱく質を摂ることは、勃起不全を解消させる観点から有効ですが、肉類からたんぱく質を得るのは避けましょう。

勃起不全を病院で治療する場合の予算

勃起不全治療の基本となる投薬治療、つまりバイアグラなどの薬を服用して性行為の際に勃起できるようにする治療ですが、この場合の費用は「一度の性行為で1500~2000円ほど」がかかってくる事になります。
初診料などを抜きにした薬単体の価格ですが、唯一ジェネリック医薬品が出ているバイアグラのジェネリックを選んだとしても価格は1200円前後になる程度でしょう。
次に挙げられるのは手術に頼らない外科的治療ですが、この場合は陰茎海綿体注射か陰圧式勃起補助具の使用が候補になります。
陰茎海綿体注射は注射によって陰茎の血管を拡張して強制的に勃起を促す方法で、陰圧式勃起補助具はポンプを使って陰茎に血液を集めてゴムバンドで血液が戻るのを防ぐ方法です。
注射の場合は一回4000円程度、陰圧式勃起補助具は3~5万円程度の負担になりますが、正直に言ってどちらの方法も大きな欠点を抱えています。
陰茎海綿体注射は注射から5分ほどで勃起に至りますが2時間しか効果が持続しないため注射後即座に性行為を行わなくてはならず、陰圧式勃起補助具は勃起するまで10分ほど器具を操作しなくてはならない上に陰茎の根元をゴムバンドで締め付けるわけですから効果が30分維持させる程度が限界です。
そして三つ目が外科手術となる血管外科手術と陰茎にシリコン支柱を埋め込むプロステーシス手術なのですが、これらの手段は基本的に勃起不全治療の最終手段だと考えてください。
手術である以上患者への負担は大きくなりますし、価格もそれぞれの内容によって異なります。
一応参考までにプロステーシス手術を日帰りで受けた場合ですが、この場合でも10万円以上かかってくるのが相場です。
方法によって勃起不全治療にかかる予算は異なりますが、基本としては投薬治療で考えるのがベストでしょう。
●迷っているならここがおすすめ
港区でED治療薬処方先を探す
●10年以上の販売実績
バイアグラ 通販
●女性もイケなくてお悩みなら
媚薬 女性
●服用してから30分で効果を実感
アバナ